【春野菜】大分県だけの呼び方?「ちもと」をはじめて知った春。酢味噌和えが絶品でした!

#くらし

こんにちは!

朝山家の紗矢香です。

突然ですが、みなさんは「ちもと」って知っていますか?

私は知りませんでした。

先日のこと、同じ集落のおばあちゃんが

ちもと持ってきたけえ、食べよ」

と、手にいっぱいの野菜を抱えて

家に訪ねてきてくれました。

「ちもとって何だろう?」

はじめて聞く言葉に戸惑いましたが、
見てみると野菜の「分葱(わけぎ)」。

後で調べてみると、
大分県では分葱のこと千本(ちもと)と呼ぶらしいのです。


知らなかった。

分葱(わけぎ)は皆さんご存知、
青ネギによく似たネギのことで、

ネギよりも柔らかく甘みが強い

とにかく美味しいお野菜のことです(笑)


(根元の部分がネギよりもぷりっとしている)

ちなみに同じ九州であっても

地域によって呼び方が異なるらしく…

沖縄県では「ビラ

熊本県では「一文字 / 人文字(ひともじ)

と呼ぶのだとか!

おばあちゃんからいただいた

わけ…いや、ちもとは、

定番レシピの酢味噌和えにして食べました。

レンジでチンしただけなのに、
甘くてとろける、わけぎ…(いや、ちもと!そろそろ慣れなければ)

移住する前(宮崎市に住んでいたころ)は
スーパーでほとんど見たことのない野菜だったので、

なんだか大分の野菜!大分の味!
という感じになってきました。

🥬

ちもと。

今度から人に会ったら

「この前、ちもと食べてさ~」と大分県民ぶってみようと思います!

もしかしたら、ちもと呼びで相手が大分県民かどうか見分けることができるかも?

そんな妄想をしながら、
いただいた残りのちもとを、レンジでチンしたのでした。

(2022/04/03)の出来事

分葱/千葉

楽天で購入

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



Facebook にシェア
Pocket

タイトルとURLをコピーしました