【田舎暮らし】レシピを公開!自生した赤紫蘇でリンゴ酢入り紫蘇ジュースづくり - 里山の小さな民泊「朝山家」TOP
                                                               
   
  

【田舎暮らし】レシピを公開!自生した赤紫蘇でリンゴ酢入り紫蘇ジュースづくり

sayaka

2022/9/7

こんにちは!朝山家の紗矢香(@HbHlUnRqYkjbRMQ)です。

大分県豊後大野市の限界集落から発信しています。

今日もリビングの窓からは、山々と棚田の美しい日本の原風景が広がっています。

気づけばもう夏の終わり。

台風の被害もなく、里山は夕方から一気に涼しく朝夕は肌寒いくらいです。

軸丸棚田のお米も収穫を待つばかりです。

我が家では畑に自生している赤紫蘇が収穫時期を迎えました。

近所のおばあちゃんが、

「茎が硬くなってよく育った赤紫蘇はジュースにしやすいよ!」

とアドバイスをくれました。

茎を使って作った赤紫蘇ジュースと葉っぱで作ったものとを

今度飲み比べてみたいなと思います。

今回は、茎ではなく葉っぱを使って作っていきます。

写真:勝手に生えてきた野生の赤紫蘇

 

毎年、耕しても耕しても、どこから種が飛んできたのか、

必ず畑や敷地内に赤紫蘇が生えてきます。

ちなみに、今年は青紫蘇(大葉)も自生していました。

自然に生えて大きくなっているので、もちろん無農薬。

安心して食することができます。

自然の恵みに感謝。

 

今回は、収穫した赤紫蘇を使ってリンゴ酢入りの紫蘇ジュースを作りましたので、

そのレシピをご紹介したいと思います。

紫蘇ジュースのレシピ

材料はこちらを使っていきます!

 

【材料はこれだけ】

・赤紫蘇の葉 50g
・水 200ml
・グラニュー糖 80g
・リンゴ酢 60cc

 

【作り方】

①生えている赤紫蘇の葉のみ収穫する。

②水でよく洗い、水気を絞る

③鍋に水を沸かして、赤紫蘇を全て投入。

全ての葉が青くなるまで煮る。

④グラニュー糖を加え、弱火で15分ほど煮る。

⑤火を止め、リンゴ酢を加えて粗熱が取れたら容器に入れて冷蔵庫へ。

こうして出来上がった紫蘇ジュースシロップは、

炭酸水などで3倍ほどに薄めていただきます。

すっきりとした味わいの赤紫蘇ジュースができました。

赤紫蘇は、身体を温めて気血を巡らせる働きがあり、

動脈硬化の予防などにも役立ちます。

ぜひ、夏の終わり、秋も赤紫蘇ジュースで元気に過ごしませんか。

おわり。

(2022/09/07)

【こちらの記事もあわせてどうぞ!】

【田舎に住みたいVol.01】田舎暮らしで買ってよかったものをまとめました!

【渓流釣り体験】渓流釣りのプランを企画するべく、大野川水系の河川調査に行ってきた!

【夏は川遊び!】子供と遊べる!豊後大野市ローカルガイドがオススメする川3選!

【大分移住】「家探し」と「仕事」を両立する提案!〜地方移住で失敗しないために〜

【緒方町】原尻の滝でランチ!東九州唯一の「そうめん流し専門店」が原尻の滝にオープン!!

【パラレルワーク】空き家、敷地の再生など田舎ぐらしの困りごとを解決!〜パラレルライフデザインの紹介〜

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ にほんブログ村

田舎暮らしランキング

 

Facebook にシェア
Pocket

sayaka

この記事を書いた人

日淺紗矢香と申します。 大分県の山奥に移住しました。 好きな食べ物は、どら焼きです。 ピアノの演奏も大好きです。

人気記事