【生きる知恵】暮らしの達人!集落のじいちゃんから学ぶ「お金をかけない」炭づくり

#里山日記

家の前にある田んぼから、

何かモクモクと煙が上がっている…

ドキドキしながら覗いてみると

こ、これは一体なんだろう…?

謎の炊きものの出現に、驚いてしまいました。

ここは隣のじいちゃんの田んぼ。

しばらくして、家から出てきたじいちゃんに何を炊いているのか尋ねてみると…

「これは木炭を作っとるんじゃ」

そう、目を細めるじいちゃん。


も、木炭!?

はじめて見る炭の作り方に、驚きと好奇心いっぱいになりました!

どうやら、もみ殻を被せて

木を高温で燃やし続けることで

約2日間で完成するとのこと!

もみ殻が燃え切ったことを確認すると、

一気に水をかけて消火。

燃えかすの中から、炭となった木炭を取り出します。

燃やす木は決まって樫(かし)の木。

炭にしやすく、持ちが良いとのこと。

そもそも、なぜじいちゃんはこの時期(4月)に田んぼの上で炭を作るのか?

それは、実はじいちゃんの家には

エアコン、ストーブ、電子レンジなど

電化製品が一切なく

寒い冬に暖をとるために

掘りごたつの中に入れる炭は欠かせないからです。

また、耕す前の田んぼにとっても、灰は大切な栄養源。

土の栄養価を高くする効果(土壌改良)があるので、一石二鳥なのです。

じいちゃんの炭づくり。

とても理にかなっているし、お金もあまりかからない。

20年以上この方法で炭を作っているとのことで、

自己流だそう。

御年86歳のおじいちゃんですが、

とてもかっこよく輝いて見えて、尊敬の念が高まります。

生きる術を身につけている集落のじいちゃんばあちゃん達。

その知恵を学ぶ貴重な機会をこれからも大切にしていきたい、

そう改めて思ったのでした。

(2022/04/07)の出来事


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



Facebook にシェア
Pocket

タイトルとURLをコピーしました