この記事を書いた人
日淺 聡士

【カンタンなプロフィール】

■理系四大学卒業(夏目漱石の「坊ちゃん」がOB)
■民間企業勤務(航空業界)
■協力隊&ITベンチャー
■起業(PLD代表)

→大分県の山奥の限界集落に夫婦で移住。
古民家をDIYとリノベーションで数年かけて再生。
→「朝山家」という宿を妻と一緒に営む。

→好きな食べ物はうどんとおでん。
→DIYや渓流釣りなどアウトドアが趣味。

里山での田舎暮らしと
奥豊後エリアの情報を発信します!

\コンサルのお仕事のご依頼はお問い合わせまで!/

日淺 聡士をフォローする

【豊後大野市】星が綺麗に見える場所!今は無き「三ノ岳なかよしパーク」へ

ホーム»#体験・観光»観光» 【豊後大野市】星が綺麗に見える場所!今は無き「三ノ岳なかよしパーク」へ
a
#体験・観光

こんにちは!朝山家の聡士(@HbHlUnRqYkjbRMQ)です。

大分県豊後大野市の緒方町の里山の集落から発信しています。

今回は、大分県豊後大野市犬飼町の「三ノ岳なかよしパーク」に行ってきました。

かつては、宿泊施設、天文観測、ローラー滑り台などがあった犬飼町の公園です。

 

以前は、簡易な宿泊施設や遊具があったのですが、

現在は閉館・遊具は撤去されています。

 

筆者が訪れた時も誰もいませんでした現在は訪れる人は少ないと思います。

聡士
聡士
この犬飼町黒松は、神楽ファンにとっては有名な場所で、
「浅草流黒松神楽」の発祥の地なのだそうです。

そして四国の有名なお遍路めぐり、「四国八十八ヶ所霊場」を開創した

弘法大師」の伝説があることでも有名な場所です。

関連記事:【豊後大野市】弘法大師の伝説。犬飼町黒松地区「水の元」〜大分歴史探検03〜

都会の喧騒を離れた山の上にある公園で、現在は遊具は老朽化により撤去され

展望所のみが楽しめる場所です。

天気が良い日には、大分市の工業地帯まで見える展望台で、

景色を楽しみながらピクニックするのも良いと思います。

【関連記事】:【豊後大野市】田舎の懐かしい味!朝地町にある「おかずの店丸ちゃん」で手作り弁当!

まだ椅子がちゃんとあって、見晴らしがかなり良い場所でした。

水道の蛇口はあるのですが、水は全くでません。

聡士
聡士
ピクニックに行く時はウエットティッシュなどを
持っていくと良いかもしれません。

場所はこちら!

所在地:〒879-7313 大分県豊後大野市犬飼町黒松

道の様子は、台風の影響で少し荒れてはいたものの四駆の軽トラや軽バンなら

山道の通行は余裕です。ヘアピンカーブが多いので夜はちょっと怖いかも。

「虎御前宝篋印塔」という文化財も道中にありました。

弘法大師の伝説がある「水の元」が近くにあった

「水の元」には、駐車場はなく車通りがないため、

立ち寄るぐらいであれば路上駐車をするのもいいかもしれませんが

「水の元」を15メートルくらい上がったところに「三ノ岳公園」があるので

そこにとめるのが良いと思います。

今は無き「三ノ岳なかよしパーク・星の見える天文台」へ

25年間もの間、地域の人気スポットであった「星の見える天文台」。

外観は比較的綺麗ですが、現在は廃墟のようになっています。

聡士
聡士
1991年4月1日、大分県初の公開天文台だったらしく、
全国の天文台建設ラッシュの先駆けとなった場所のよう。
開園当初は大人気の場所だったようです。

天体観測をする望遠鏡は、繊細な機械やシステムを搭載したもの。

山の頂上という自然災害による影響を受けやすい要因もあり、

台風、落雷、雨漏りなどにより被害を受けました。

コンピュータのシステムトラブルなどに見舞われたことなどで一時休業。

その後、2010年に福岡県大野城市にある
天文ハウストミタ施工」さんの協力があり
リニューアルし、再開したものの2016年の3月に閉館になったようです。

「三ノ岳なかよしパーク・星の見える天文台」はなぜ閉館になったのか?

1992年4月に開園した「三ノ岳なかよしパーク」。

なぜ閉館になったかというと、それは地方自治体の財政難

豊後大野市は、平成の大合併(平成17年3月31日)により
大野郡犬飼町から豊後大野市犬飼町になりました。

それからというもの、施設の維持管理に関する予算要求をしたものの、
予算が付かず、施設の維持管理が行政財政を圧迫。

大分市のNPO団体がボランティアで運営を続けたものの、

廃止・撤去を視野に入れた閉館となってしまいました。

聡士
聡士
星を観測するには、民家のあかりも少なく、
山の頂上ではあるが立地も比較的良いのにもったいない。

三ノ岳なかよしパークから旧天文台へ

三ノ岳なかよしパークの駐車場から少し道を登ると、

右手に石畳みの階段があり、「三ノ岳尺間嶽」という神社の入り口があります。

写真:三ノ岳尺間嶽の入り口の様子

写真:石階段の脇に群生していた「チチアワタケ」

写真:毒蛇かと思ったら日本固有種のヘビ「ジムグリ」

写真:野生の「ラッキョウ」の花

振り返ると結構登ったなと実感できます。

写真:綺麗に管理された「三ノ岳尺間嶽」

写真:首がない石像

写真:三ノ岳尺間嶽の天井絵

三ノ岳尺間嶽を経由して旧天文台へ

三ノ岳尺間嶽を正面に向いて左手に小道がありました。

この道で合っているのか心配になる道です。

どんどん進むと、草で道がなくなりかけていました。

気分は探検隊です。

半ズボンは完全NGな小道でした。

草をかき分けてさらに進むと丸い建物が。

天文台の近くには小さな建物が。

使える状態ではないトイレもありました。

旧天文台の外観はこんな感じ。

建物は鍵がかかっており中には入ることはできません。

天文台としては使えませんが階段を登ると景色が良かったです。

展望台としては使えるかもしれません。

少し離れたところには似たような建物がありましたが、

少し怖かったので遠目から眺める程度にしておきました。

当時の賑わいはありませんが、

「昔はどんな感じだったのだろうか?」

と思いを馳せながら、

「豊後大野市にも天文台があれば

ジオパークと関連して、観光も盛り上がるのではないかな?」

とも思いました。

調べてみると、2003年7月19日~7月20日の情報がブログで残っていました。

廃墟は、なんだかそこに生きた人の思いを感じるきっかけになったり、

当時の暮らしを感じることができる雰囲気を醸すので不思議です。

(2022/12/06)

【体験談】田舎暮らしで買ってよかったものをまとめました!
こんにちは!朝山家の聡士(@HbHlUnRqYkjbRMQ)です。 大分県豊後大野市の限界集落から発信しています。 今回は、田舎に移住して買ってよかったものをまとめてみました。 筆者は、田舎で暮らす前はできるだけものを持ち...


【こちらの記事も読まれています!】

【豊後大野市】柿の実が絶品!犬飼町にある104年続く「仲町製菓」で和菓子を購入!
こんにちは!朝山家の聡士(@HbHlUnRqYkjbRMQ)です。 大分県豊後大野市の緒方町の集落から発信しています。 今回は、「朝山家」のある緒方町から車で約30分の場所にある 犬飼町のお菓子屋さんに行ってきました。 ...
【限界集落】シュロの木の言い伝え。古民家の近くにあるのは理由があった!
こんにちは!朝山家の聡士(@HbHlUnRqYkjbRMQ)です。 今回のお話は、朝山家の前に生えているフェニックスのような、「シュロの木」についての話です。 田んぼの脇に一本だけ不格好に生えています。 宮崎県出身の私...
【限界集落】「小宛焼」って激レア?豊後大野市緒方町の小宛焼窯跡〜大分歴史探検02〜
こんにちは!朝山家の聡士(@HbHlUnRqYkjbRMQ)です。 今回は、大分県豊後大野市緒方町指定の史跡、 「小宛焼窯跡」に立ち寄ってみました。 場所はこちら! 所在地:〒879-6634 大分県豊後大野...
【田舎暮らし必須スキル】地域の草刈り作業で使う草刈機の使い方・選び方vol.01〜作業準備編〜
こんにちは!朝山家の聡士(@HbHlUnRqYkjbRMQ)です。 今回のお話は、田舎暮らしをする上での必須スキルと言っても過言ではない、 草刈りのスキルです。 人によっては草刈機のことをビーバーとか言いますね。 ...
【メディア掲載】テレビ大分で「夏休みにおすすめスポット」で放送されました!
こんにちは!朝山家の聡士(@HbHlUnRqYkjbRMQ)です。 大分県豊後大野市の限界集落から発信しています。 テレビ大分(TOS)にて、「夏休みにオススメのスポット」 と言うテーマで2022/08/21に「朝山家」を...
【水の問題vol.02】飲料水も集落で自給自足〜共用水源のローカルルール編〜
こんにちは!朝山家の聡士(@HbHlUnRqYkjbRMQ)です。 前回の記事では、水源地までの道づくりを集落の皆さんと一緒にしたお話をしました。 今回は、集落の住民で共用利用をしている水道施設のローカルルールのお話です...

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング





Facebook にシェア
Pocket

アーカイブ